鉱山長 住宅図

ただいま住宅の改修中に付き、開店の目処がなかなか立ちませんが、当店の住宅図 (㈱ゴールデン佐渡所蔵)だけでもご覧ください。

日中戦争(昭和12年)勃発以降、国内の鉱山は、国策として大増産の体制がとられたそうです。その際、鉱山施設の新設や更新に伴って、鉱山労働者のための社宅も多数建設されたとのこと。こちらの住宅も、その時期(昭和10年代)建設されたのは、間違いないようです。

社宅には、長屋形式と戸建て形式とがあり、こちらの住宅は典型的な“お庭付き戸建て形式”です。歴代の佐渡金山鉱山長のひとり“伊沢克衛”の住まいであった記録があるそうです。

住宅に入っていただけると一目瞭然ですが、その当時の間取りがそっくりそのまま残っています。また、お庭いじりをしていると、さすが鉱山長住宅!の“お宝!?”もゴロゴロ。これについては、また後日。

 

「鉱山長 住宅図」への2件のフィードバック

  1. ガシマシネマさま

    昭和後期のキネマ旬報が百冊以上あります。閲覧資料としてご興味がおありでしたら、提供いたします。運搬の方法、費用に関してはご負担ください。要件のみで失礼いたします。
                                            髙原和躬
                                       千葉県習志野市谷津
                                        047 451 4667

  2. 誠にありがとう存じます。映画関連の本、大変ありがたいです。
    お礼が遅くなり申し訳ありません!詳しくは、頂いた連絡先にご連絡致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA