良いお年を!

DIYで済ませた旧・台所→客室への改装もなんとか終わりが見え始めました。

手伝ってくれた娘いわく、“このチョコレート色の本棚に、クッキーを貼り付けておいて、映画を観ながら、食べればいいんじゃない!?” ・・グッドアイディアだね!!

客室に明かりも灯ってきたところで、クリスマスおめでとう!&良いお年を!

遠くにありて

現在、カフェの駐車場には、福島ナンバーの軽トラが停まっています。福島・会津在住の実家の父が11月に、冬の間だけ!と遠路はるばる乗ってやってきて、貸してくれました。

唐突ですが。

3.11の東日本大震災で多くの人の暮らしが一変したのだろう、と想像していました。私たち一家は、たまたま震災の前の年に、東京から佐渡島へと移住しました。便利すぎる東京の生活に飽き足らなくなった、のが理由でした。私たちのようなお気楽な移住でも、なじんだ生活と仕事を捨て、まったく新しい土地で暮らしを立て直す、という作業はなかなか難儀で、当初の私は、喪失感と徒労感にさいなまれたものです。被災者のそれは、また、比較にならないほど難儀ではないか、と想像していました。

しかしながら、新しい環境で、一足飛びにできるようになったことや経験もあることと思います。現に車の免許も無かった私も、マニュアルの軽トラで、ブイブイ佐渡島を走り回っていますし、丸のままのお魚を見分け、さばいて夕飯に供することもできるようになりました。図らずも、古民家再生の機会も得ました。

私にとっても、福島にとっても、すべての過去の経験が、未来で生きてきますように!

また、なにより、被災を経験した子どもたちが誰よりもたくましく育っていけますよう、心より応援します。そして、そんな子どもたちに勇気を与えるような、日本映画が続々と発表されることを心より望みます。

 

合掌

荒戸源次郎監督が亡くなられた、と先日ネットを見ていて知りました。

1980年、鈴木清順監督の『ツィゴイネルワイゼン』を製作し、同作の映画公開のために専用の移動式映画館を建てるという、製作・興行を一体で行う方式(シネマ・プラセット)を成功させる。~ウィキペディアより一部抜粋

残念ながら、シネマ・プラセットは年齢的に体験できませんでしたが、荒戸監督の復帰作『赤目四十八瀧心中未遂』の公開時、その劇場で働いていました。自分が“良い!”と信じるものを届けるための労力を惜しまない方で、観客へのサービス精神が旺盛でした。登場されるとピリッとした緊張感があり、その空気は作品そのものでした。

若松孝二監督の葬儀でお会いし、言葉を交わしたのが最後でした。

大胆に自由な監督方、みーんな亡くなっても上映しよう。  合掌