オープン&プレイベント決定

いよいよ、このときが来ました!
ようやく、ではありますが、弊シネマカフェオープンの目処がたちましたので、お知らせです。

まずはお披露目として、下記内覧会を開催します。

4/1(土)14:00~開場 15:00~ トーク 入場無料
ゲスト:新潟シネ・ウインド 代表/齋藤正行氏
新潟の地に根付いて31年!のミニシアター代表/齋藤正行氏がご来島&応援に来てくださいます。新潟&佐渡の映画館とそれをとりまく町環境についてなど、諸々おしゃべりできれば。どうぞ、皆様の映画館と町のご記憶、お聞かせください。

そして、栄えある第一上映作品!

『ホドロフスキーのDUNE』

http://www.uplink.co.jp/dune/

4/2(日)&4/9(日)両日とも10:30~/13:00~/15:30~の1日3回上映

大人 1,000円(1drink付き)  高校生以下 500円

1975年にアレハンドロ・ホドロフスキーによって企画され、サルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、オーソン・ウェルズ、メビウス、H.R.ギーガー、ピンクフロイドなど錚々たる面子をキャスト・スタッフに配すも、撮影を前に頓挫した幻のSF超大作映画『DUNE』。
『ホドロフスキーのDUNE』は、この“映画史上最も有名な実現しなかった映画”の顛末を関係者へのインタビュー、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、驚愕、爆笑、感涙のドキュメンタリーです!

『スター・ウォーズ』『エイリアン』『ブレード・ランナー』『マトリックス』など後のSF映画(そして『伝説巨神イデオン』『風の谷のナウシカ』『わたしは真悟』『AKIRA』など日本のSFアニメ・漫画!)に多大なる影響を与えたホドロフスキー版『DUNE』について、本作の監督であるフランク・パヴィッチはこう語っています。

「ホドロフスキーは映画を完成させたかったのか、世界を変えたかったのか。もし世界を変えたかったのなら、それは達成されたのだ」

上記プレイベントでは、ホドロフスキー監督同様に大きな夢を抱き“詐欺師!”と言われながらも実現のために奔走、かつ、新潟の地に受け入れられた映画館の代表/齋藤正行氏に、そのメソッドをとことん伺いましょう。夢追う人、集合!!

HPも改訂しなければ!なのですが、諸々まだまだ不慣れでして。しばらくはこの投稿で告知とさせてください。

お問合せ先→ gashimacinema@gmail.com

なお、電話番号は春の大移動シーズンのためか工事日がとれず、4/3から開通となります。ご不便をおかけしますが、何卒、よろしくお願いいたします。

 

“オープン&プレイベント決定” への 4 件のフィードバック

  1. すごく楽しみにしています。
    オープン初日に観にいきたいとかんがえてます。佐渡島に新しい映画の風をふかせてください。応援してます。

    1. コメント、ありがとうございます!
      店内でこもって作業していることが多いため、反応が嬉しいです。もっと、町にでなくては笑!今週末、真野のいぶき21で開催の『さど食の陣』会場入り口に大きなポスターパネルを掲示してきました。おいしいお店も多数出店していますので、良かったらお立ち寄りください。

  2. 本当に作り上げたんだね。さすがです。おめでとう!
    東京に用事があるときは、またホテル代わりに泊まってください。
    私たちもぜひぜひ佐渡に行きたいと思います。
    たくま
    カフェガシマシネマ!おめでとう★凄いですね(^^♪応援してます☆彡
    ちかこ

    1. ありがとう!“私、デキない人間だなあ”の連続でした。。なんとか実現したのは、“あのひと”のおかげです。
      今後とも、家族ぐるみのおつきあいを-!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA