上映

2018年4月、開店一周年!ホドロフスキー、再び!

Cafeガシマシネマは、2017年4月に『ホドロフスキーのDUNE』と、アレハンドロ・ホドロフスキー監督作『リアリティのダンス』で幕開けました。
開店1周年の4月は、同じくアレハンドロ・ホドロフスキー監督の最新作『エンドレス・ポエトリー』を上映致します。

もう一本は、バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 』です。

お陰様で、今年2月に興行場の営業許可も取得しました。今後、定休日以外は毎日上映致します。開店当初と変わらず、“日々の暮らしに、ささやかな彩りとスパイスを添えるお店を目指して”。

■『エンドレス・ポエトリー』 128分
4月毎週日曜/各日2回上映(1,8,15,22日)10時~/13時~
4月前半の平日/各日1回上映(4,5,6,11,12,13日) 10時~
1drink付き 大人1,000円 高校生以下500円
※定員20名 右記追加料金で指定席予約も可能。(大人+200円、子供+100円)
※4月中の平日の午後、予約上映も可能。(大人+200円、子供+100円)
TEL 0259-67-7644 または e-mail gashimacinema@gmail.com
cafeガシマシネマまで ※ご予約は、前日までにお願いします。

その存在は、完全な光-

前作『リアリティのダンス』から3年、舞台はサンティアゴへ―。
世界に潜む「マジック・リアリズム」を追い求め続けるホドロフスキー監督が、
観る者すべてに送る“真なる生”への招待状。
舞台は故郷トコピージャから首都サンティアゴへ。父親との軋轢や自身の葛藤を抱えたホドロフスキーは、初めての恋や友情、古い規則や制約に縛られない若きアーティストたちとの出会いと交流を経て、囚われた檻から解放され詩人としての自己を確立する。
撮影監督は『恋する惑星』(94年/ウォン・カーウァイ監督)など、手持ちカメラを使った独特の映像で知られるクリストファー・ドイル。自身の青年時代を虚実入り交じったマジック・リアリズムの手法で瑞々しく描き、「生きること」を全肯定する青春映画の傑作。

監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー 撮影: クリストファー・ドイル
2016年/フランス、チリ、日本/128分/BD/配給 アップリンク

http://www.uplink.co.jp/endless/

*********************************************************************************

■『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』 85分
4月毎週土曜/各日3回上映(7,14,21,28日)10時~/13時~/15時30分~
4月後半の平日/各日1回上映(18,19,20,25,26,27日)10時~
1drink付き 大人1,000円 高校生以下500円
※定員20名 右記追加料金で指定席予約も可能。(大人+200円、子供+100円)
※4月中の平日の午後、予約上映も可能。(大人+200円、子供+100円)
TEL 0259-67-7644 または e-mail gashimacinema@gmail.com
cafeガシマシネマまで ※ご予約は、前日までにお願いします。

もがき、踊る。天才の宿命を、目撃せよ。

19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。
ウクライナ出身、19歳で史上最年少の英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニンは、その2年後、人気のピークで電撃退団。そのニュースは国内メディアのみならず、世界中に報道された。
スターダムから自滅の淵へ――様々な噂が飛び交う中、彼が再び注目を集めたのは、グラミー賞にもノミネートされたホージアのヒット曲「Take Me To Church」のMVだった。写真家のデヴィッド・ラシャペルが監督し、ポルーニンが踊ったこのビデオはyoutubeで1,800万回以上再生され、ポルーニンを知らなかった人々をも熱狂の渦に巻き込んだ。
<ヌレエフの再来>と謳われる類い稀なる才能と、それを持て余しさまよう心。本人や家族、関係者のインタビューから見えてくる彼の本当の姿とは…?

監督:スティーヴン・カンター  『Take Me To Church』演出・撮影:デヴィッド・ラシャペル
2016年/イギリス・アメリカ/85分/BD /配給 アップリンク

http://www.uplink.co.jp/dancer/

**************************************************************************************************************
2018年5月、映画の神様がスクリーンに降臨する。

インド映画史上歴代最高興収達成!日本でも2017年12月の公開以降噂が噂を呼び、《絶叫上映》イベントも話題となって、いまだに劇場でのロングラン上映を続ける『バーフバリ 王の凱旋』!cafeガシマシネマでは、前作である『バーフバリ 伝説誕生』と合わせて、二部作一挙上映します。
当店のお庭では、カエルの合唱が響く5月、どうぞ、皆様で賑やかにご覧ください。

■『バーフバリ 伝説誕生』 138分
5月土日祝日 (5/3,4,5,6,12,13,19,20)  10時~1回上映
5月前半の平日 (5/9,10,11,16,17,18日) 10時~
1drink付き 大人1,000円 高校生以下500円
※定員20名 右記追加料金で指定席予約も可能。(大人+200円、子供+100円)
※平日の午後、予約上映も可能。(大人+200円、子供+100円)
TEL 0259-67-7644 または e-mail gashimacinema@gmail.com
cafeガシマシネマまで ※ご予約は、前日までにお願いします。

 

インド映画歴代最高興収を達成!全米映画ランキング第9位の偉業を達成!!

「強い腕を持つ男」を意味する“バーフバリ”の物語は二部作として製作され、本作が前編。伝説の戦士“バーフバリ”の宿命を映したインド発のアクション。
赤ん坊の頃に滝で村人に拾われ育てられた青年シヴドゥ。彼は運命に導かれるように滝の上の世界に辿りつき、暴君が支配する王国と戦う女戦士と出会う。彼女とともに戦いに身を投じたシヴドゥは、自分がこの国の王子バーフバリであることを知る。背景には、祖父の代から続く壮絶な王位継承争いの歴史があった。バーフバリを待ち受ける運命とは―! 祖父、父、そして息子の3代に続く因縁の戦いを活写する。
監督・脚本:S.S.ラージャマウリ  撮影:K.K.センティル・クマール
2015年/インド/テルグ語/138分/BD/配給ツイン
©ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

http://baahubali-movie.com/densetsutanjou/index.html

*********************************************************************************

■『バーフバリ 王の凱旋』 141分
5月土日祝日 (5/3,4,5,6,12,13,19,20) 13時30分~1回上映
5月後半の平日 (5/23,24,25,30,6/1) 10時~1回上映
1drink付き 大人1,000円 高校生以下500円
※定員20名 右記追加料金で指定席予約も可能。(大人+200円、子供+100円)
※平日の午後、予約上映も可能。(大人+200円、子供+100円)
TEL 0259-67-7644 または e-mail gashimacinema@gmail.com
cafeガシマシネマまで ※ご予約は、前日までにお願いします。

 

叙事詩「マハーバーラタ」から生まれた映画史上最強の吉祥開運ムービー!

インド映画史上歴代最高興収を達成し、日本でもロングランヒットを記録したアクション「バーフバリ 伝説誕生」の完結編となる第2作。世界興収は300億円を超え、今も全世界で“バーフバリ旋風”を巻き起こしている本年度最高の話題作。
古代インドの神話的叙事詩「マハーバーラタ」をベースに、『マッキー』(12)などインド映画界の鬼才S.S.ラージャマウリが想像した新たなる神話的世界。数奇な運命に導かれた伝説の戦士バーフバリ。祖父、父、息子、三代にわたる宇宙最強の愛と復讐が、ここに想像を遥かに超えた興奮と感動のフィナーレを迎える!
監督・脚本:S.S.ラージャマウリ  撮影:K.K.センティル・クマール
2017年/インド/テルグ語/141分/BD/配給ツイン
©ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

http://baahubali-movie.com/index.html